食べたーい度数:☆☆☆

第9回:博多天神(お茶の水店)

食べたい度数:★☆☆

20110106博多天神01.jpg
 僕が最もリピートしているラーメン屋さんがここ。新宿,渋谷、池袋、御茶ノ水などにチェーン展開している博多ラーメン屋。僕の根城は長いこと渋谷センター街店だったが、御茶ノ水に2店舗できたことでリピート率が俄然アップした。
 ラーメンは1杯500円。替え玉1つは店の入口にある替え玉無料券を出せば無料だし、最近では出さなくても無料になる(2杯目からは100円)。
 濃厚な豚骨スープだが,味は意外にフラットで、そこにコショウや紅ショウガ、辛子高菜などを好みに合わせてトッピングしていく。デフォルトではキクラゲ,ネギ、チャーシュー、海苔、御茶ノ水店ではさらにゆで卵半分がついてくる(池袋店などはゆで卵なしだった・・・)。
20110106博多天神03.JPG
 正直言ってあまたあるラーメン博士様方の評価はそれほど高くない。だが、僕はこのラーメンにB級グルメの真髄があるんじゃないかと思うのだ。最近のラーメンは料理化しすぎている嫌いがある。上質な材料をふんだんに使った気合いの入ったスープに麺など、それはそれでとても楽しめるのだが,同時にどんどん高額化していっている。ラーメン屋に入って普通に1000円札が消えていく。そういうラーメンがあってもいい、でもラーメンは本来そういう食べ物ではないんじゃないか?
 とりわけ博多の豚骨ラーメンは、肉として使う部位を削いだ、かすの骨を煮込んだスープにさっと細麺を注いだ、軽食だった。人々はさっと入ってさっと食って出て行く。そういう気軽さが根底にあったはず。
 そんなラーメンの原点がここにはあるような気がしている。もちろん1杯入魂ではあるだろうけど、好きなように食べてねという姿勢は、また一つの形だろうと思う。
ちなみに僕は一杯目は軽く胡椒をふって頂き,替え玉時には辛子高菜をたっぷり麺に絡めて頂く。味にパンチが出る上、程よい辛さがまた楽しい。ま〜スープの最後の一滴まで飲み干してしまうのはやりすぎか・・・。
 今年の初ラーメンもこちらで頂きました(*^_^*)。
【とんこつの最新記事】
posted by yosshy at 13:00 | Comment(0) | とんこつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。